校長からの御挨拶

秋田県立秋田北高等学校
校  長   永井 元

秋田県立秋田北高等学校のホームページをごらんいただき、ありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染が未だ収束せず、不安を抱きながら、令和3年度が幕を開けました。感染を防ぎ、健康と安全を確保し、安心感のもてる学校をつくりあげてまいります。

1901(明治34)年に本県初の高等女学校としてこの中島の地に開校した本校は、3万5千人を超える卒業生を送り出し、その多くが県内はもとより、国内外で活躍しております。2008(平成20)年には、男女共学化という大きな変革を成し遂げ、今年度創立120周年を迎えます。

校訓は「自求真善美」。
これは、「真理を求めて熱心に学ぶ」、「明るく誠実に正しく歩む」、「美の感性を磨き創造する」という3つのことを意味し、2001(平成13)年、創立100周年を期して、教育目標などを鑑みて制定されたものです。生徒は、この校訓を心にとどめ、日々励んでおります。
228名の新入生を迎えた校内は、全校生徒700名(男子205名、女子495名)の元気で、さわやかな声に満ち、明るい笑顔があふれております。

本年度の重点指導目標に
「自らの可能性を信じ 夢を抱き 主体的に考動できる生徒の育成」を掲げました。
一人一人の生徒の夢が実現できるように、保護者、地域の理解と協力を得ながら、教職員は総力を挙げて、多くの教育活動を推進していきます。
今春の国公立大学合格者は過去最高となり、これまでの進学指導が豊かな実りをもたらしました。この成果を活かし、たゆまぬ工夫と改善を重ねていきます。
部活動・同好会活動にはほとんどの生徒が加入し、優れた指導者と恵まれた練習環境の下、意欲的に活動し、多くの運動部・文化部がインターハイや全国高校総合文化祭をはじめとする全国大会に出場するなど、着実に成果を上げ、実績を重ねています。
生徒は文武両道に励み、学力の向上と知性・品性・感性の陶冶により、人間力を高めています。日々の学びを通して、社会に生きる基礎を築き上げ、今後の人生を堂々と歩むことのできる、たくましく、しなやかな人間性を備えていくものと期待しております。

同窓会「あげまき会」、PTA「むつみ会」、教育振興会「あさひ会」、さらに、地域の方々のお力添えをいただきながら、生徒が校歌に歌われる「励みあひ・睦みあひ・諫めあひ」を体現できるよう、学校が一丸となって力を尽くしてまいります。

2021(令和3)年4月