ごあいさつ

秋田県立秋田北高等学校

校  長  伊藤 雅和

秋田県立秋田北高等学校のホームページを御覧いただきまして、ありがとうございます。

本校は、県立秋田高等女学校として明治34年に開校され、以来、県の内外や世界で活躍に活躍する34,000名を超える同窓生の方々を世に送り出してまいりました。平成20年度の男女共学化を経て、今年は創立から数えて117年目、共学化10年目となります。新しい年度を迎え、ここ千秋中島町の学舎は、お陰様で例年と変わらぬ生徒たちの元気な声と明るい笑顔に満ちております。

本校は、「知性・品性・感性の涵養」を教育理念としてを掲げ、「総合的な人間力」を有する若人の育成を目指してまいりました。また、創立100周年を機に掲げられた校訓「自求真善美」の下、自ら真理を求め、誠実に正しく歩み、感性を磨き美を創造することの貴さを説いてまいりました。
これまでの本校生徒たちの活躍を振り返ると、進路面での実績、部活動面での功績など、文武両道にわたる輝かしい成果が、長い歴史の中で培われた「学校の力」を物語っているように感じております。

私は、校長として着任したばかりですが、4月6日には240名の新入生を迎え入れることができました。入学式では新入生諸君に対して「自ら信頼するに値する自分づくりに励み、その自分を貫く強さを持ってほしい」とお願いいたしました。新入生を代表する生徒は「主体性を大切にして、自らの意志と責任において、仲間と切磋琢磨していきたい」と背筋を伸ばして応えてくれました。

今年度本校は、「自ら考え、実践し、更なる向上を目指す生徒の育成」を目指して、
(1)一人一人の未来を見据えた「キャリア教育」の充実
(2)生徒の学力向上を保証する「魅力ある授業」の実践
(3)生徒自ら課題意識を持ち、考え、探究する姿勢の涵養
(4)生徒を適切に評価して育てる指導の実践
(5)生徒の主体性を尊重した積極的生徒指導の推進
を柱とした取組を進めてまいります。

長い人生の中のたった3年とは言え、高校の3年間は特別な意味を持つように思います。本校同窓会「あげまき会」、PTA「むつみ会」、教育振興会「あさひ会」の方々のお力を頂戴しながら、この大事な3年間を「北高で過ごしてよかった」と思っていただけるよう、学校全体で力を尽くしてまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。

平成29年4月10日